りんご酢と甘酒の にんじんラペ

【材料(各1杯分)】 にんじん1本、りんご酢大さじ1、甘酒10g、オリーブオイル大さじ1、塩少々 【作り方】 千切りにしたにんじんに塩をまぶして数分おくと、水分が出てくるので、しっかり絞る。りんご酢、甘酒、オリーブオイル[…]

春の気配

なんか、春が来てる気がします・・・ たんぽぽが咲いているのを見つけました。 水仙のつぼみが出てました。 ふきのとうを見つけました。 梅の花芽が赤くなってました。 全て、山形県東根市の壽屋敷地内です。 「近所のSさん宅では[…]

ぬもりカフェ10月限定甘酒

栗に取り憑かれた日々を送っています。 よこおです・・・・。 壽屋敷地内には大きな栗の木が2本。 毎日毎日ぼとぼとと落ちてくる栗。 現在、1本目の栗の木がほぼ終了。 2本目に差し掛かりました。 この栗の皮むき、 渋皮煮に取[…]

ぬもりカフェ9月限定甘酒

桃の甘酒の試作を重ねていたら、 すこぶる元気回復! 食欲爆発! 猛残暑の疲れはどこへやら? 甘酒が「飲む点滴」って言うのがわかる気がするよこおです。 壽屋隣りの古民家「野守の宿」の土間部分でのんびり営業中の「ぬもりカフェ[…]

春のりんご酢レシピ

●本格醸造りんご酢ソース甘酒パンナコッタ 【材料(3カップ程度分)】 りんご酢ソース…黄色いりんご1/2個(約100g)、砂糖50g、水50g、りんご酢小さじ3パンナコッタ…甘酒100g、牛乳100g、生クリーム30g、[…]

壽屋の逸品、茜姫

太陽の恵みを存分にいただいて完熟した梅の自然の良さを充分に引き出すために、食品添加物は一切使用せずに、砂糖とりんご酢、ほんの少しの塩のみを使って丁寧に手作業で漬け込みました。 木の上でギリギリまで完熟させます。 完熟する[…]

山形市の戸田屋正道さん

山形市にある戸田屋正道さん。 壽屋のある東根市から車で南へ40分ほど。県庁所在地ということもあり、 雪も少ない都会へ行くから!ということで気合いを入れていつも履いているドタドタの雪靴ではなく、ブーツに履き替えた私。 迎え[…]

令和4年のお雛様の展示公開

今年も壽屋隣りの古民家「野守の宿」ではお雛様の展示公開が始まっています。 古いものでは、江戸時代の享保雛まで、壽屋にゆかりのあるお宅で大切にされてきたお雛様を全部で10基ほど雛様が展示しております。 ご来場いただいて参加[…]

里山と生きる。

山形県の日本海側庄内地方、米どころとして知られるこの地で澁谷さんが作るお米。 長年、壽屋ではそのお米を販売してきました。出来るだけ農薬を使わずに作るため、玄米として食するのにも適しています。 澁谷さんと娘婿の齊藤さん、娘[…]

通販用LINEを開設しました

壽屋の通販用LINEを開設しました オンラインショップ、カタログのお客様を中心としたお買い得情報をお伝えするLINEを開設いたしました。こちらのLINEでもぜひ、お友達になっていただき、壽屋のお得な情報を受け取ってくださ[…]

営業時間変更のお知らせ

営業時間変更のお知らせ 6月8日より、壽屋店舗は下記の時短営業とさせていただきます。 ご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。 営業時間 午前 9時30分から午後 6時00分まで カフェはそのまま通常営業となります

時短営業のお知らせ

壽屋店舗は時短営業となります 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、 4月7日から当面の間、壽屋店舗は時短営業とさせていただきます。 ご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。 営業時間 午前 9時30分から午後 5時[…]

ぬもりカフェ営業再開しました。

ぬもりカフェは、3月1日から営業再開しています! (営業時間:午前10時から午後4時まで) 新型コロナウィルス感染防止対策のために、おかし類はお休みです。 ドリンク類は紙コップでのご提供となります。 どうぞご了承ください[…]

壽屋のおもい

ひたむきに実直に、やさしく、ていねいに。 新型コロナの流行と豪雪によるダブルパンチが二年連続。厳しく長い雪国の冬を過ごし、春を待ちわびる気持ちが高まります。そこはかとなく春の訪れを感じると、弾けそうなうれしさがこみ上げて[…]

山形のお雛様動画

江戸時代、紅花を京に運んだ戻り船でお雛様をお連れしたことから、山形県内陸地方では様々な形でおひな祭りが盛大に祝われ、現在でもその風習が残っています。「かど、卵、くじら餅」などを並べた祝い膳。そこに、漬物を使ったちらし寿司[…]

営業時間変更のお知らせ

2021年1月より新型コロナウィルス感染拡大防止と大雪のため、当分の間営業時間を短縮し、閉店時間を早めさせていただきます。ご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。 営業時間 午前 9時30分から午後 5時30分まで […]

自宅で漬ける、かんたん粕漬

山形県内陸地方の 漬物文化が育んだ 〝昭和版粕漬〟  壽屋のある山形県内陸地方は、恵みの海が遠く、冬は雪に閉ざされてしまうという気象条件、加えて江戸時代から統治が不安定でとても貧しい土地柄だったことから、保存食文化の発達[…]

甘梅漬キット動画

おうちで甘梅漬キット 山形県東根市にある食品添加物を一切使用せずに漬物を製造・販売しております「壽屋」です。当社大人気商品の「梅たくあん」を家庭で作ることができるキットを発売しました。おうちでも、初心者でも簡単にできる「[…]

時短営業と一部休業のお知らせ

時短営業と一部休業日のお知らせ 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、下記の日程で、時短営業ならびに臨時休業させていただきます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 壽[…]

食べるって楽しいね。

ワークショップ「食べ活とみさんの給食ごはん」2019年12月1日開催リポート 2019年12月1日に壽屋隣りの古民家「野守の宿」で開催されましたワークショップ「食べ活とみさんの給食ごはん」。30名の参加者の方々、北海道か[…]

横尾家の梅

30数年目の夏の出来事 壽屋で梅の砂糖漬「茜姫」を製造販売するようになってすでに30年あまりが経ちました。長年に及び、改良を重ね続けて現在に至っております。そんな令和元年、夏の終わりに大変驚く事実を伺うことができました。[…]

子どもに伝えたい本物の味。

北海道の真ん中よりやや北東、北見市の南西にある置戸町。この町には日本一と評判の給食がある!と話題になり、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」などでも取り上げられ、本も出版されました。この「日本一の給食」を作り続けてきた[…]

千日紅祭りのご案内

とき 7月12日(金)・13日(土) 10時〜16時 場所 壽屋寿香蔵 一閑張り、和雑貨、着物リメイク、古布、骨董、婦人服、アクセサリーなど 素敵な作品を取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております。 【ワークショップ】 […]

節田梅と南高梅

新しい時代、茜姫新ステージへ 茜姫が誕生したのは平成5年。早くも26年が経とうとしています。その間、平成10年には優良ふるさと食品中央コンクールにて優秀賞受賞、平成18年には農林水産大臣賞を受賞いたしました。これも一重に[…]

春の最上漬パスタ

「最上漬は僕にとっては調味料です。(お料理大好き男子 山端克洋さん)」 大辛口最上漬を使ったレシピをご提供くださいました。普段、ご自分で作ってらっしゃるレシピだそうです。 材料 最上漬(大辛)、ニンニク、豚ばらスライス、[…]

やまがたで醸す女性たち

やまがたで醸す女性たち 山形に産まれて山形の地で醸す・・・。 長年に渡り壽屋でも長年に渡りお付き合いいただいております、お隣河北町の和田酒造さんと西川町のトラヤワイナリーさん。先代からの確かな技術力をしっかりと受け継ぐ同[…]

時代考証2つの理由。

これまで門外不出だった東根市内のとある旧家のお雛様。壽屋とは長年のお付き合いがある縁から、2018年に初めて壽屋のお雛様展示の列に加えていただけることとなりました。 保存してあった箱の蓋には「文政12年」とあったこのお雛[…]

春の訪れを告げるお雛様

これまで門外不出だった東根市内のとある旧家のお雛様。壽屋とは長年のお付き合いがある縁から、この度、初めて壽屋のお雛様展示の列に加えていただけることとなりました。 保存してあった箱の蓋には「文政十二年」とあったこのお雛様で[…]

みくちゃんと自由研究

みくちゃんと自由研究 文・阿部薫 7月のある日のこと。 店先で休憩をとっていた漬物師範は、近所で遊ぶみくちゃんに声をかけました。 「夏休みの自由研究は何をするの?漬物についてやってみたらいいんねが?」 「面白そう!やって[…]

さくらんぼに想いを馳せて。

実りに情熱を注ぎ続ける親子三代の物語  県外の方が山形県を思い浮かべる際、まっさきに口にしていただくのが「さくらんぼ」。かわいらしい真っ赤な姿に、ぷりっとした食感、甘ずっぱい味、子どもからお年寄りまで大人気の果実です。な[…]

東根に春を呼ぶお雛様。

この度、壽屋隣りの野守の宿のお雛様展示にて、横尾了子さん宅のお雛様を初公開いたします。公開に先だって、お雛様と東根市本町近辺の歴史についてお二人に語っていただきました。 【左】東根の歴史に詳しい野口孝雄さん (東根の歴史[…]

ビール漬の漬け方

【材料】 ビール350ml缶1本、塩175g、砂糖200g ※この分量で夏野菜1kgを3回漬け込むことができます 夏野菜1kg(きゅうり8本とにんじん1本が目安です) 【漬け方】 1.漬け汁を作る。ビールに、塩、砂糖を溶[…]